金庫を通販で購入する【盗難を事前に防ぐ方法】

住宅模型
  1. ホーム
  2. 防犯を高める

防犯を高める

窓を取り付ける作業員

窓ガラスの防犯性を高める必要性

最近、日本でも住宅の防犯意識が高まってきました。住宅の防犯を考えた時に一番重要になってくる部分は窓です。泥棒が住宅に侵入する経路として、窓が半数以上を占めているからです。玄関は鍵がかかっている場合、ピッキングなどで施錠を開錠する技術が必要ですが、窓ならば割って侵入する事が容易だからです。そのため、住宅の安全性を高めようと思った時にまず一番最初に考えるべき事は窓の防犯性を高めることになるのです。安全性を高める場合にどうすれば良いのかというと、泥棒はハンマーなどでガラスを割ろうとする事が多いです。つまり、ハンマーなどで簡単に割れないガラスに取り替える事が肝心です。防犯ガラスというガラスとガラスの間にフィルムが張られたものがあるため、それに交換するのがおすすめです。

交換することのさまざまなメリット

防犯ガラスは一般住宅だけでなく、店舗や事務所に多く取り入れられています。なぜならば店舗や事務所は一般住宅よりも、ガラスの面積が多くなる傾向があるので、一般のガラスでは侵入が容易になってしまうからです。特に店舗は事務所は営業時間外には無人となる事が多いため、防犯ガラスは必需品になっている現状です。こういった防犯性能の高いガラスを一般住宅にも使用する事は安全面において、とても重要です。またこのガラスは安全面を高めるだけでなく、災害にも役立ちます。台風でガラスに物が衝突したとしても、割れにくくもし割れたとしても破片が飛び散らないためです。火災がおきたとしても、割れにくいために火の侵入をおくらせる効果が期待できるのです。